風俗は種類によって手取りが違う!

風俗に関する情報

おすすめリンク

無店舗型性風俗特殊営業とはなにか

風俗には様々な種類の業務があり、業種によっても手取りが変わります。
スーパーやコンビニなどの接客のお仕事では、時給が800円から1000円内が相場になっています。
また工場内での勤務や派遣された工場での勤務でも、夜勤などの勤務でなければ、時給が1000円から1500円ぐらいか、月給で18万円から25万円が相場になっています。
しかし、同じ風俗でも業種内容により手取りの金額が異なると言います。
まずは接待飲食等営業では、ホストクラブは完全歩合制になっています。初任給では10万円ほどになりますが、人気が出てくるとそれ以上に稼ぐことができます。
飲食や指名料が売り上げになり、それ以外にも歩合率によって金額が異なります。
歩合率が50%のお店では、10万のボトルをお客が注文した場合、5万円が受け取れます。また300万円のシャンパンタワーでは、150万円受け取る事ができることになります。
お次にキャバクラでは地方や歌舞伎町などお店にもよっても異なりますが、時給制や日給制がほとんどです。安いお店や地方では、1500円からの時給が多く、歌舞伎町や都心ですと、3000円から5000円の時給になります。銀座のお店や有名店や会員制のクラブともなると、時給ではなく日給3万円から4万円が相場になっています。
また指名料や同伴、指名料のバック、同伴のバックもついているお店やエリアもありますが、銀座はありません。
しかし、お客が100万円を使うと50万から60万円を受け取れることができます。