風俗に関する情報

>

風俗の業種によって異なる手取りとは

この記事をシェアする

店舗型と無店舗型性風俗特殊営業

店舗型性風俗特殊営業では、第1号から第6号と各号について異なります。
例えば、店舗型性風俗特殊営業の第1号ではソープランドが該当され、浴場業の施設として個室があり、各個室で異性にサービスを提供する営業とされています。また第4号では、同伴する異性と宿泊や休憩を利用する営業となっています。
ラブホテルやモーテル、レンタルルームが第4号に該当されます。
第5号では、性的好奇心がそそるDVDや写真などの貸し付けや販売を、店舗を設けて営業するとなっています。
そのため、アダルトグッズショップが該当されます。
無店舗型性風俗特殊営業では、第1号と第2号とあり、第2号では店舗型性風俗特殊営業の第5号の無店舗型になり、電話や規制で定められた方法で依頼を受けて、配達や配達させることによる営みものとなっています。それはアダルトグッズの通信販売が該当されます。

映像送信型、電話異性紹介営業

映像送信型性風俗特殊営業では、インターネットを利用した性的関連の画像や映像の配信や、性風俗店を紹介したり、風俗に関する情報を提供するウェブサイトになります。アダルトサイトが映像送信型性風俗特殊営業に該当されます。
電話異性紹介営業では、店舗型と無店舗型があります。
まずは店舗型電話異性紹介営業では、一時的に性的好奇心のあるお客が来店し、面識のない異性と電話で取次ぎをして紹介をする営業になっています。入店型のテレフォンクラブが該当されます。
無店舗型電話異性紹介営業とは、店舗がないためお客が来店することなく、面識のない異性との一時的な性的好奇心を満たすために電話で取次ぎ、紹介をする営業となっています。ツーショットダイヤルや、携帯電話を利用のテレフォンクラブなどが該当されます。